文字サイズ

あなたの町のドクターコラム

新たな日常、ロボットが活躍するリハビリテーション

新たな日常、ロボットが活躍するリハビリテーション

健康保険組合連合会 大阪中央病院 整形外科 部長    薮野 亙平(やぶの こうへい)   先日、安倍首相が『コロナ時代の新たな日常』として、有効な治療法やワクチンが確立するまで、感染防止の取り組みに終わりはない。それまである程度の長期戦を覚悟する必要があると述べられた。 医療においても、接触感染を防ぐため、オンライン診療が初診から可能になったり、多くのことが変わりつつあ

院長/人工関節センター長 三橋 繁
http://www.naraichi.or.jp/

人工関節手術の痛みは?

社会医療人社団 菊田会習志野第一病院 院長/人工関節センター長 三橋 繁(みつはし しげる)   ドクターコラムには、たくさんの先生方の手法やご意見が収載されています。手術の手法や考え方、インプラントの改良などはとても大事なトピックスですので、ご参考にされると宜しいかと思います。 一方、周術期(手術前から手術当日、その後の数週)の痛みをいかにコントロールするかも大

人工関節手術におけるリハビリテーションの進歩

人工関節手術におけるリハビリテーションの進歩

健康保険組合連合会 大阪中央病院  整形外科 部長    薮野 亙平(やぶの こうへい) 3D(三次元)術前計画、ロボット支援手術、人工関節の素材の進化、低侵襲手術など人工関節領域においても日進月歩で革新的技術が生み出されています。 しかし、忘れてはいけないことが、手術前後のリハビリテーションも進歩していることです。これまで、関節外科医の多くは手術だけを考えていましたが、患者様がいか

コンピューター支援技術を用いた人工膝関節置換術

コンピューター支援技術を用いた人工膝関節置換術

JCHO人吉医療センター 副院長・整形外科部長 薬師寺 俊剛(やくしじ としたけ) 厚生労働省によると、1990年には23万8千人であった変形性膝関節症の患者さんは、2014年には5倍以上の125万人に増えているそうで、今後も多くの方に膝痛が訪れる可能性があると考えられます。 この変形性膝関節症は、症状が悪化すると「人工膝関節置換術」という手術で治療することが選択肢の一つになります。

変形性膝関節症の様々な手術方法について

変形性膝関節症の様々な手術方法について

済生会横浜市東部病院 整形外科  医長 白井聖仁会病院 整形外科 谷川 英徳(たにかわ ひでのり) はじめまして。代表的な変形性膝関節症の手術治療には、①関節鏡手術、②高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)、③人工膝関節単顆(たんか)置換術・人工膝関節全置換術と様々な方法があります。今回はその治療法について簡単に紹介したいと思います。   はじめに、変形性膝関

患者さんに優しい人工膝関節置換術を目指して

患者さんに優しい人工膝関節置換術を目指して

社会医療法人純幸会 関西メディカル病院 整形外科部長   人工関節センター長 渡邉 哲 中高齢になると、膝(ひざ)関節の痛みや変形のために、歩行や日常生活が不自由になる変形性膝関節症という病気があります。鎮痛薬が効かなくなってくれば、人工膝関節置換術(TKA)という手術で治療することができます。現在日本は世界で最も高齢化が進んでおり、人工膝関節の手術適応となる方が年々増加しております。

関節の痛みあきらめていませんか?

関節の痛みあきらめていませんか?

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 整形外科  人工関節センター長 柁原  俊久   先生 人工関節にすると痛みは取れますか?とよく患者さんに聞かれますが、人工股関節にすると、どの年代の方でも痛みがなくなることが多く、とても喜ばれます。特に脚長差がある方は、痛みが取れるだけでなく跛行(はこう)も治り、バランスの良い歩き方ができるようになるため患者さんの満足度も高いようです。多くの方か

人工関節置換術の手術後は大変なのでしょうか

人工関節置換術の手術後は大変なのでしょうか

社会医療法人渡邊高記念会 西宮渡辺病院 整形外科   西宮人工関節センター  医長 福永 健治 股関節や膝関節に痛みが出現すると歩行が困難になり日常生活に制限がかかるようになってきます。もちろん歩行が出来ないほどの強い痛みも問題ですが、旅行に行きたいのに痛みが出現する不安があるので行けなくなった、買い物に行くのが楽しみなのに長い時間歩くのが嫌になったなどといったものも日常生活の制限です。つ

患者さんお一人おひとりの求める生活を取り戻すお手伝いをしたい

患者さんお一人おひとりの求める生活を取り戻すお手伝いをしたい

医療法人社団寿量会 熊本機能病院 整形外科 部長・人工関節センター長 高橋 知幹(たかはし ともき) 関節の痛みのために毎日がつらくなった、あるいは楽しみにしていた旅行に行くのが不安になった、と患者さんお一人おひとりのお悩みは様々ですが、「自分らしい生活が送れなくなった」ということが共通しているのではないかと思います。そうおっしゃる患者さんが、痛みから解放されてご自分らしい毎日を取り戻すお

日常生活制限の少ない人工関節ライフを

日常生活制限の少ない人工関節ライフを

医療法人八重瀬会  同仁病院 副院長  山内裕樹 ご高齢で関節が悪くなってきた方は、関節を人工物に取り換える手術が必要になることがあります。これが人工関節置換術です。特に股関節と膝関節の手術が最近増えてきています。 股関節は360°全方向に動く関節で、骨盤と脚をつなぐ関節です。悪くなると靴下着脱、足の爪切りがしづらくなり、ひどくなると足を引きずったり、歩いたり座ったりするのも困難になり