文字サイズ

「骨と関節の日」第2回「骨と関節の日」インターネット調査結果

40歳以上の人の8割が骨や関節に痛みを抱え、階段の上り下りなど日常動作に不都合を感じている結果。

昨年に引き続き今年も、10月8日の骨と関節の日に、40歳以上の男女312名を対象にインターネット調査を行いました。
自分のひざ関節や、足腰に痛みや不安のある人は81.7%にのぼり、14%の人が過去に転倒の経験がありました。

医療機関に行った人は、17.9%に過ぎず、63.8%は、治療をせずに痛みを我慢したり、不安を覚えながらも放置していることがわかりました。
年齢別では、そうした傾向は去年と同様に40歳代で特に強く、37.7%の人が未治療のまま股関節、ひざ関節、あるいは腰や足の骨の痛みや不安を我慢して いました。
その理由としては、36.7%が「詳しい治療方法を知らない」と回答し、半数が「関節の痛みは治療しても完治しない」とあきらめていました。

また、過去1年間に転倒した経験を持つ率は全体で14.1%で50歳代で最も多く、転倒した状況としては、自宅や駅の階段の踏み外し、段差でのつ まずき、歩行中の足のもつれと、日常のありふれた状況での発生でした。
また、痛みが原因で不都合に感じていることとしては、階段の昇降時(51.4%)、ものを持ち上げる動作(42.7%)、横になったり、起き上がったりするとき(33.3%)などでした。