質問コーナー

    A.

    グルコサミンやコンドロイチンは関節軟骨には重要な物質ですが、内服による明らかな改善効果は報告されていません。

    A.

    関節の状態、体力、他の病気を考えあわせて決めましょう。一般的に、翌日まで疲れが残るのは、運動量が多いと言えます。運動は根気よく、毎日続けるようにしましょう。必ず主治医や理学療法士などの指導を守って運動して下さい。

    A.

    入浴は、筋肉を温めることで血液の流れをよくし、筋肉の緊張をやわらげる効果があります。それにより関節の痛みをやわらげることもあります。ただし、関節が腫れているときや、熱を持っているときなどは、長時間の入浴はさけたほうがよいでしょう。詳しくは医師にご相談下さい。

    A.

    大きいものは介護用品店やデパートの介護用品売り場においてあります。リーチャーやくつ下エイドなどの小物は、病院の売店で購入できる場合もあります。 近くにお店がない場合は、通信販売(インターネットなど)でも購入できます。

    A.

    マッサージによって硬くなった筋肉をほぐし、血行をよくすることで、痛みや動きが改善することもあります。ただし、これは関節の病気の根本的な治療にはつながりません。また、痛みの強いときや、腫れたり赤くなっているときにマッサージをすると、症状を悪化させることがあるので気をつけましょう。

    A.

    「痛みや関節の動きが悪いために、日常生活をおくる上で我慢できなくなったとき」がひとつの目安でしょう。関節の状態、片側のみか両側か、痛みの程度、仕事の内容、家庭の状況、自身のライフスタイルなどをふまえてよく考えましょう。さまざまな手術の方法や入院期間、退院後の生活や再手術のことなど、関節の専門医と助ェに相談することをおすすめします。いずれにしても、最終的な判断をくだすのは患者さんご自身です。手術してから「こんなはずではなかった」ということにならないように、手術についてわからないことや不安なことは、何でも医師に相談してみましょう。