関節の病気と症状

股関節のはなし

股関節解剖(髄腔) 股関節
大腿骨(太ももの骨)の上端の骨頭(こっとう=丸くなっている部分)が、寛骨臼(かんこつきゅう)=臼蓋(きゅうがい=骨盤のくぼみ)にはまり込むような形になっています。
正常な股関節では、骨頭のおよそ4/5が寛骨臼に包み込まれています。そのため、安定性がよく、周辺の筋肉を使って前後、左右、あるいは回したりと、自在に動かすことができます。
歩行時には体重のおよそ3倍の力が加わります。

 大腿骨
大腿骨やすねの骨(脛骨)、腕の骨などは、その形状から長管骨(ちょうかんこつ)と呼ばれています。
長管骨の中央には髄腔(ずいくう)と呼ばれる空洞があり、ちょうど筒のような形になっています。
人工股関節全置換術では、この髄腔を利用して人工関節を設置します。

 中殿筋
股関節を動かす筋肉の中でも、中殿筋は、立ったり歩いたりするときにとても重要な役割をはたします。中殿筋は、骨盤の骨と大腿骨を結んでいます。
片足で立ったときにバランスを保っていられるのも、この筋肉がしっかりと働いているからです。中殿筋の力が弱いと、骨盤を支えることができず体が傾きます。そのため、歩くときに体が左右にゆれてしまいます。

中殿筋をきたえる運動

中殿筋の働き_文字有c

股関節の主な病気と症状

 股関節の主な病気

 変形性股関節症
成人の股関節疾患の中で、もっとも多くみられるもので、高齢者に多く、人口の高齢化とともに年々増加傾向にあります。原因によって一次性のものと二次性のものとに分類され、日本では二次性変形性股関節症の割合がとても高く、女性に多いのが特徴です。

 一次性変形性股関節症:原因がわからずに関節軟骨[?]

がすり減り、骨が変形します。
 二次性変形性股関節症:生まれつきの股関節の脱臼(先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう))や股関節の発育が悪いこと(臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん))などが原因で発症するものです。

関節にかかる体重を吸収してすべりをよくしている関節軟骨が傷ついたりすり減ったりして、骨が壊れたり、また棘のように増殖する(骨棘(こつきょく))ために生じる病気です。
痛みが出たり、また、安静により痛みが軽くなったりします。これをくり返しながら、ゆっくりと進行していく病気です。まれに、数ヶ月のうちに急激に悪化することもあります。

変形性股関節症_文字有c

臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)
臼蓋(骨盤の骨)の発育が不良で小さく、骨頭を十分におおうことができない状態をいいます。体重の数倍の力がかかる関節ですから、骨頭をうける臼蓋の面積が狭いと、その狭い接触面に集中的に力が加わることになります。その結果、軟骨は早くすり切れてしまいます。

臼蓋形成不全_文字有c

 関節リウマチ
関節リウマチは、関節に炎症がおこり、腫れて痛む病気です。男女比1対4の割合で女性に多い疾患です。30~50歳前後がもっとも多く、若者から高齢者全般におよびます。原因はまだ明らかにされていませんが、自己免疫疾患[?]

のひとつと考えられています。
関節をおおっている関節包の内側にある滑膜[?]が炎症をおこして増殖し、骨や軟骨[?]が徐々に破壊されていきます。手足の指の関節に痛みや腫れをともなう関節炎から始まり、やがて肘やひざ、肩、首などの関節に広がっていきます。

股関節におよぶ場合には、股関節が伸ばせなくなったり、立ったり座ったりする動作や階段の昇り降りの動作などがスムースにできなくなったりします。また、股関節を動かせる範囲が狭くなるため、歩き方がぎこちなくなります。

治療としては、抗リウマチ薬やステロイド剤、痛み止めの薬などの薬物療法や、リハビリテーションなどの運動療法をおこないます。関節の破壊が進行すると人工股関節全置換術などの手術療法の適応となります。

リウマチ21.infoのホームページ

 (特発性)大腿骨頭壊死症

骨頭の血流c大腿骨頭を流れる血液の流れが悪くなり、栄養が行き届かなくなって骨頭が壊死してしまう病気です。
進行すると、骨頭がつぶれて(圧潰(あっかい))、軟骨がなくなり、骨頭と臼蓋側の骨とが直接ぶつかって、関節全体が破壊されます(関節症性変化(かんせつしょうせいへんか))。

関節機能の予後(将来の見通し)は、壊死した部分の位置と大きさでかなり推定することができます。大腿骨頭の内側のみの壊死では、治療の必要性があまりな く、中央から外側へと壊死が大きくなるにつれて、時間とともに壊死部が圧潰し、痛みなどの症状が出てきます。圧潰が軽度で停止すると、症状も自然に軽快す ることがありますが、圧潰による症状が持続する場合は、骨切り術人工骨頭置換術(じんこうこっとうちかんじゅつ)[?]

人工股関節全置換術をおこなうこともあります。

原因は明らかにされていませんが、ステロイド剤を多量に使用した場合や、アルコール摂取量の多い人などに発症することが多いようです。
また、大腿骨頭壊死症は国の特定疾患に指定されています。

難病情報センターのホームページ

大腿骨頭壊死症2c 股関節の症状

主な症状は、痛みと動きが悪くなることです。そのために、重いものを持てない、長く歩けない、階段を昇り降りが困難、靴下がはきづらい、足の爪が切りづらいなど、日常生活上たいへん不便になります。

 股関節の痛み
はじめは重たい感じ、張った感じ、長く歩いた後の疲労感などで始まります。スポーツの後や動作の変わり目に感じることが多くあります。
また、痛みの部位も股関節の他に、腰、お尻、太もも、膝などに感じることもあります。これを関連痛といいます。

 関節の動きが悪い
症状が進行していくと、しだいに股関節の動きは悪くなり、動く範囲が狭くなっていきます。曲がりが90度以下になると、爪きりや靴下の脱ぎ履きの動作など が困難になります。また、股関節が曲がったままで伸びなくなった場合には、それを補うように腰がそってしまい、お尻が出っぱったような姿勢になります。

 脚を引きずる(跛行(はこう))
痛みが強くなったり、疲れてくると脚を引きずる(跛行(はこう)する)ようになります。これは筋力低下や、痛みから逃れようとするためにおこる現象です。

 左右の脚の長さがちがう(脚長差)
股関節が変形して関節のすき間がなくなったり、股関節が脱臼していると、正常な状態と比べて脚の長さが短くなってしまいます。左右の脚の長さが大きく異なると、体のバランスがくずれて、歩行時などは左右にからだがゆれるようになり、不安定になります。

 

膝関節のはなし

 膝関節膝関節c

膝関節は、大腿骨と脛骨(けいこつ=すねの骨)、そして膝蓋骨(しつがいこつ=膝の皿)で構成されています。脛骨の外側には腓骨(ひこつ)が骨が寄り添うように存在します。

関節部分の脛骨はほぼ平らな形をしています。その上を、凸状の大腿骨が転がりすべるようにして動きます。
平らな板の上を丸いボールが転がるところを想像すると、それはとても不安定であることがわかります。そこで、膝の関節を安定させるために、骨と骨をつなぐじん帯[?]

が重要な役割を果たします。

膝関節正面改訂c

関節の中では、骨の表面はなめらかな軟骨[?]

でおおわれ、そのすき間には半月板(はんげつばん)[?]があります。関節部分は関節包でおおわれています。その内側の滑膜(かつまく)[?]は潤滑油の役割をする関節液[?]を分泌します。
軟骨、半月板、そして関節液のはたらきによって、膝関節は非常になめらかに動くようになっています。

膝の曲がる角度は、最大で約150度です。これは正座をするときの角度です。しゃがむ時には約120度曲がります。歩くときには約60度曲がります。

膝関節の主な病気と症状

 膝関節の主な病気

 変形性膝関節症
長い年月をかけて、軟骨[?]

にひびが入ったりすり減ってしまい、その結果、痛みや炎症をおこした状態です。軟骨がすり減ると、衝撃を吸収する力が弱まり、すり減った部分の骨により多くの負担が集中します。
進行すると、骨同士がこすれあって表面がデコボコになったり、くぼみができたり、骨棘(こつきょく)(骨が増殖して棘状になること)ができます。そしてさ らに痛みが増します。また、関節包の内側にある滑膜が厚くなって異常な関節液が分泌されて、いわゆる「膝に水がたまる」状態になり、腫れや痛みが増強した り動きが悪くなることもあります。
加齢、膝に負担のかかる運動や仕事、太りすぎ、下肢の筋力低下、内反膝(O脚)外反膝(X脚)などの膝の変形などは、関節により多くの負担がかかり、進行が早まることがあります。

変形性ひざ関節症進行 背景ありc2

 関節リウマチ
関節リウマチは、関節に炎症(関節炎)がおこり、腫れて痛む病気です。男女比1対4の割合で女性に多い疾患です。30~50歳前後の発症がもっとも多く、若者から高齢者全般におよびます。原因はまだ明らかにされていませんが、自己免疫疾患[?]

のひとつと考えられています。
関節をおおっている関節包の内側にある滑膜[?]が炎症をおこして増殖し、骨や軟骨[?]が徐々に破壊されていきます。関節炎は手足の指の関節に痛みや腫れをともない、やがて肘や膝、肩、股関節などの関節に広がっていきます。

膝関節に炎症がおきると、膝が腫れてこわばる感じがします。骨びらん(骨がくずれること)がおこり、徐々に炎症が軟骨に広がって軟骨が薄くなり、骨同士が こすれあうにつれて痛みを感じるようになります。さらに症状が進むと、ひどい場合には大腿骨と脛骨(すねの骨)がつぶれて一体となり、膝関節がまったく動 かなくなることもあります。これを骨癒合(こつゆごう)といいます。

リウマチひざ変形改訂治療としては、抗リウマチ薬やステロイド剤、痛み止めの薬などの薬物療法や、リハビリテーションなどの運動療法をおこないます。近年では、生物製剤も使用されています。関節の破壊が進行すると人工膝関節全置換術などの手術療法の適応となります。

リウマチ21.infoのホームページ

 外傷性関節炎
ひどい転び方をしたり、膝を打ったりすると関節をいためることがあります。この外傷(けが)がきちんと治らないと、年月とともに軟骨がすり切れてしまうことがあります。
また、大腿骨や脛骨(すねの骨)が骨折した後に、変形を残したまま治ってしまった場合などにも、膝の痛みや変形の原因になります。これを外傷性関節炎といいます。

 膝関節の症状膝の痛み [更新済み]
主な症状は、痛みと動きが悪くなることです。
そのために、長く歩けない、階段の昇り降りが困難、しゃがめないなど、日常生活にさまざまな支障をきたします。

 膝関節の痛み
初期の場合は、膝に体重をかけて動くと痛みが出現し、横になったり椅子に腰かけて休むと痛みが改善します。動き始める時に痛むのも特徴の一つです。また、痛みの他にも、膝がだるい、ガクッとする、グラグラしてたよりないなどの違和感をおぼえることもあります。
進行すると、休んでいる時でも痛むようになり、膝の曲げ伸ばしがつらくなります。

 膝関節の動きが悪い
朝起きた時に膝がこわばるように感じることがあります。これは寝ている時に膝関節を動かさないでいるために、関節がかたまってしまうことが原因です。こわばりが続くのは15分~30分で、少しずつ動かしていくうちに改善します。
症状が進行していくと、曲げ伸ばしが円滑にできなくなったり、動かす時に膝がきしむこともあります。そしてしだいに動きの範囲が狭くなっていきます。曲がりが90度以下になると、階段を昇ったりしゃがんだりすることが難しくなります。

 膝が変形する
もともとO脚(内反膝)などの膝関節の変形があると、関節にかかる負担がより多くなり、変形が進んで症状がさらに悪化しやすくなります。さらに、変形によって膝のじん帯[?]

がゆるんだり緊張したりして、じん帯そのものにも痛みが出てくることもあります。じん帯がゆるむと関節の安定性も悪くなります。

両足変形膝 背景ありc2

 

肘関節のはなし

 肘関節

肘関節肉付
肘関節は、上腕骨(じょうわんこつ=二の腕の骨)と尺骨(しゃっこつ=小指側の骨)、橈骨(とうこつ=親指側の骨)で構成されています。 他の関節と同様に、関節内の骨の表面はなめらかな軟骨[?]

でおおわれています。

関節部分は関節包(かんせつほう)でおおわれていて、その内側の滑膜(かつまく)[?]

は潤滑油の役割をする関節液[?]を分泌します。

肘の曲がる角度は、最大で約140度です。また、手のひらを下に向けたり上に向けたりする運動では、約180度回すことができます。
食事や洗顔、着替えなど、日常生活の動作に重要な役割をはたしています。

肘関節の主な病気

 関節リウマチ

関節リウマチは、関節に炎症(関節炎)がおこり、腫れて痛む病気です。男女比およそ1対4の割合で女性に多い疾患です。30~50歳前後の発症がもっとも多く、若者から高齢者全般におよびます。原因はまだ明らかにされていませんが、自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)[?]

のひとつと考えられています。

関節をおおっている関節包の内側にある滑膜[?]

が炎症をおこして増殖し、骨や軟骨[?]が徐々に破壊されていきます。関節炎は手足の指の関節に痛みや腫れをともない、やがて肘や膝、肩、股関節などの関節に広がっていきます。

肘関節に炎症がおきると、肘が腫れてこわばる感じがします。骨びらん(骨がくずれること)がおこり、徐々に炎症が軟骨に広がって軟骨が薄くなり、骨同 士がこすれあうにつれて痛みを感じるようになります。さらに症状が進むと、ひどい場合には関節内の骨がつぶれて一体となり、関節がまったく動かなくなるこ と(強直(きょうちょく))もあります。

003s

リウマチX線 右正面 リウマチX線 右側面
最も重症なリウマチの症例 (右肘)

 

治療としては、抗リウマチ薬やステロイド剤、痛み止めの薬などの薬物療法や、リハビリテーションなどの運動療法をおこないます。近年では、生物製剤も使用されています。

関節の破壊が進行して日常生活に支障をきたす場合は人工肘関節全置換術などの手術療法の適応となります。

リウマチについては詳しく知りたい方はリウマチ21.infoへ

 変形性肘関節症

軟骨にひびが入ったり、すり減ったりして、その結果、痛みや炎症をおこした状態です。原因によって一次性のものと二次性のものとに分類されます。

  • 一次性変形性肘関節症: 特に原因がなく、長年肘を使い続けたことによって関節軟骨がすり減り、骨が変形した状態です。
  • 二次性変形性肘関節症: 関節の中で起きた骨折、スポーツによって痛めた後など、ケガが原因で起こる病気です。

進行すると、骨同士がこすれあって表面がデコボコになったり、くぼみができたり、骨棘(骨が増殖して棘状になること)ができます。また、関節包の内側 にある滑膜が厚くなって異常な関節掖が分泌されて、いわゆる「水がたまる」状態になり、腫れや痛みが増強したり動きが悪くなったりします。
多くの場合、痛みは肘を動かした時に感じます。また、変形した骨が、肘関節の内側を通っている神経(尺骨神経)を圧迫したり、傷つけたりすることがあります。

尺骨神経が圧迫されると手の薬指と小指が痺れ、ひどい場合は神経が麻痺してしまうこともあります。神経が麻痺すると、手の小指側の感覚がなくなり、手の細かな動作ができなくなります。

手術治療については、変形した骨を削る手術などが行われますが、関節の可動域制限と、痛みが強い場合は、人工関節置換術の適応となります。

この情報サイトの内容は、整形外科専門医の監修を受けておりますが、患者さんの状態は個人により異なります。
詳しくは、医療機関で受診して、主治医にご相談下さい。