日常生活制限の少ない人工関節ライフを

医療法人八重瀬会  同仁病院 副院長  山内裕樹

ご高齢で関節が悪くなってきた方は、関節を人工物に取り換える手術が必要になることがあります。これが人工関節置換術です。特に股関節と膝関節の手術が最近増えてきています。

股関節は360°全方向に動く関節で、骨盤と脚をつなぐ関節です。悪くなると靴下着脱、足の爪切りがしづらくなり、ひどくなると足を引きずったり、歩いたり座ったりするのも困難になります。人工股関節の特有の欠点としては、脱臼が挙げられます。以前は術後に生活動作の制限を設けていましたが、最近は手術方法や器材を工夫すれば脱臼の心配は大幅に減らせるようになり、日常生活制限はほとんど必要なくなっています。

膝関節は歩くのに直接影響し、悪くなると膝の痛みや不安定感で歩くことが困難になります。人工膝関節も、最近は筋肉を切らないで手術することができたり、内側や外側だけ人工関節にしたりすることもできるようになっており、不必要な侵襲を減らすことができるようになっています。

右人工股関節置換術後のエックス線

右人工股関節置換術後のエックス線

股関節や膝関節が悪くなって、バランスの悪い歩き方を継続していると、反対側の関節や脊椎まで悪くなってしまうこともあります。関節の痛みによる日常生活制限が明らかになってしまった時には、早めに対処を考えたほうが良いこともあり、その対処法の一つとして人工関節置換術があります。

多くの患者さんは人工関節に置換することで痛みが取れますが、共通の問題点として耐用年数があります。ただしこれは、適切な材料選択と、正確なインプラント設置手技を行うことで、かなりの耐用年数が期待できます。

我々の人工関節手術の考え方は大変単純です。できるだけ日常生活の制限がなく、できるだけ患者さんへの侵襲を減らし、できるだけ人工関節が長くもつように、ということに尽きます。大きな合併症の一つである感染に対しては、宇宙服のような全身清潔な恰好をして手術に臨んでおりますし、可能な範囲で手術創も小さくなるように手術しています。

股関節手術は多くの症例で筋肉を切らない手術を行っており、多くの患者さんは、脱臼の心配もなく、日常生活制限も必要なく、正座もできます。膝関節手術は、内側だけの人工関節であればとても小さな侵襲での手術になりますし、全置換の場合でも筋肉を切らない手術や、コンピューター支援手術を行うことで、患者さんへの侵襲を小さくするような手術を心掛けています。

人工関節は良い事ばかりのようにも見えますが、一度入れるともう元の関節には戻せず、最終手段とも言えます。人工関節手術をお考えの場合には、一生の付き合いとなりますので、是非いろいろご自身でも調べて、納得のいく医師や施設でご相談頂く事が大切だと思います。

手術の創

手術の創

手術風景

手術風景