薬物療法

薬物関節の治療に使用する薬には、内服薬(飲み薬)、外用薬(湿布や塗り薬)、坐薬(ざやく)、注射薬などがあります。

関節リウマチの薬
リウマチの薬は、炎症を抑えて痛みをとるための消炎鎮痛剤、と免疫の異常を改善して病気の進行を抑える抗リウマチ薬などがあります。
リウマチ21.infoのホームページ

変形性膝関節症の薬
関節の炎症を抑え、痛みをとるための消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)や、関節のすべりを良くするヒアルロン酸[?]

の関節内注射(関節の中に直接薬を注射すること)などを行います。薬によって、一度すり減ってしまった軟骨や変形した骨が元に戻ることはほとんどないと言ってよいでしょう。

変形性股関節症の薬
関節の炎症を抑え、痛みをとるための消炎鎮痛剤を使用します。
※消炎鎮痛剤
炎症や痛みをおさえる薬です。湿布、塗り薬、内服、坐薬、注射など病気や症状によって使用する薬剤はことなります。症状にあわせて数種類の薬を組み合わせて使うこともあります。
薬の種類には、非ステロイド系抗炎症剤や、ステロイド剤[?]

などがあります。痛いときや、痛みが出るような動作をする前に服用します。長く使用を続けると、胃腸障害や、肝臓、腎臓障害がおこる場合があります。医師と相談のうえ、正しく使用しましょう。

市販されている薬は、説明書をよく読んでから使用しましょう。
医師の診察を受け、薬を処方してもらうと良いでしょう。どこがどのように痛いかをできるだけ詳しく医師に伝え、自分に一番あった治療を受けましょう。

この情報サイトの内容は、整形外科専門医の監修を受けておりますが、患者さんの状態は個人により異なります。
詳しくは、医療機関で受診して、主治医にご相談下さい。