装具療法

目的は、膝関節や股関節にかかる負担を軽くすることと、関節を安定させることです。装具は、患者さんの関節の状態や骨格に合ったものを使用します。

装具のいろいろ

  • サポーター
    軽くて着け外しが良いので、よく使われています。しかし、サポーターそのものには、関節の負担を軽くしたり関節を安定させる作用はあまりありません。装着することで得られる安定感と、関節の保温効果が主なはたらきです。
  • 02_img28足底板(そくていばん)
    靴の中に入れたり足に直接つけたりする装具です。
    足の外側が高くなっていて、それによりO脚を若干補正して、立ったり歩いたりする時に膝の内側にかかる負担を減らして、痛みをやわらげることを目的としています。
  • 硬性装具(こうせいそうぐ)
    プラスチックや金属の枠組みでつくられた装具で、関節の安定性を高めることで痛みをやわらげることを目的としています。

  • 日常生活のポイントにある杖の使い方で詳しく説明しています。

 

この情報サイトの内容は、整形外科専門医の監修を受けておりますが、患者さんの状態は個人により異なります。
詳しくは、医療機関で受診して、主治医にご相談下さい。