人工関節置換術

人工関節置換術

関節のいたんでいる部分を取りのぞき、人工の関節に置きかえる手術です。関節の痛みの原因となるものをすべて取りのぞくので、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。

現在使用されている人工関節の耐久性は、患者さんの状態にもよりますが約15~20年といわれています。長い人生の中では、再度手術をして人工関節を入れかえる必要が出てきます。そのため、これまでは60歳以上の比較的高齢のかたに対しておこなう手術とされてきました。

03_img01
しかし、最近では患者さんの価値観やQOL(クオリティ オブ ライフ=生活の質)が尊重されるようになり、50歳代でも、より快適な生活をおくるための一手段として人工関節を選ばれるかたもいます。
いずれにしても、最終的に治療法を決めるのは患者さん自身です。人工関節の手術は、交通事故などの緊急の場合をのぞいては、手術の時期を選ぶことができます。時間をかけて家族や医師とよく相談して決めると良いでしょう。
※人工関節の耐久性は、患者さんの状態や生活の仕方その他様々な要因によって異なります。場合によっては早期に人工関節を入れかえる必要が出てきます。

人工関節

人工関節は、コバルトクロム合金チタン合金などの金属やセラミック、プラスチック(超高分子ポリエチレンなど)から作られています。体内に「埋め込む」という意味でインプラント(Implant)とよばれています。
下肢の人工関節の耐久性は約15~20年といわれていますが、必要に応じて、再度入れかえることができます。

人工関節の固定方法として、骨セメント[?]

を用いる方法と、用いない方法があります。
骨セメントを使用しないタイプの人工関節は、表面に特殊な加工(ハイドロキシアパタイト[?]加工など)がされており、手術後に加工された表面に骨が入り込んで固定されます。また、ネジで固定するものもあります。

人工関節にはさまざまな種類がありますが、患者さんの骨の状態や生活習慣などにあわせて機種や大きさなどを選びます。

適応

患者さんによって多少違いはありますが、一般的に人工関節置換術の適応となるのは、次のような場合です。

  • 痛みがひどく、仕事や行楽、さらには日常生活の通常の動作も制限される。
  • 運動量を減らすことや安静にすること、薬物療法、理学療法などの保存的な治療法では、痛みが改善されない。
  • 関節が著しく固く、動かせる範囲がせまい。
  • エックス線検査で、関節炎の進行やその他の病気がみられる。

効果

人工関節置換術には主に次のような効果があります。

  • 痛みを取りのぞくこと。(または大きくやわらぐこと)
  • 変性や痛みのために制限されていた関節の活動性(動き)をとり戻すこと。
  • 他の関節への負担を軽くすること。(痛みのある関節をかばうことで、他の関節にも影響をおよぼすことがあります。)
  • 活動範囲が広がることで、下肢の筋力がついてくること。

以上より日常生活動作が改善されます。

先進医療技術

01_img01
病気の診断や治療、情報の管理などにおいて、その精度を高めて患者さんへより良い医療を提供するために、医療は進化しつづけています。
3次元画像(検査部位を立体的にとらえる)表示による画像診断装置や遺伝子レベルでの病気の解析などの診断技術、人工関節置換術や内視鏡視下手術などの治療技術も先進医療技術の一つです。

ナビゲーションシステム

navi_img01
コンピューター支援手術[?]

の一つです。
ナビゲーションシステムは、自動車についている道案内システム(カーナビ)とおなじです。カーナビは、人工衛生からの情報をもとに、現在地から目的地までの道順や距離を測って、運転手に指示を出します。

人工関節全置換術のナビゲーションシステムでは、赤外線を使用して、手術の器具が現在どの位置にあるか、計画通りに手術をするためにはどの方向へどれくら い移動すれば良いか、などをコンピューターが計測します。手術をする医師は、その表示にしたがって、より正確により安全に手術をおこなうことができます。

手術の前に計画をたてます(術前計画)
CT(コンピューター断層撮影)などの検査で得られた患者さんの骨格の情報を、ナビゲーションシステムに入力します。そして、人工関節(インプラント)を設置する位置やサイズなどを決定します。

ナビゲーションシステムを確認しながら手術をします
手術をする医師は患者さんの関節と、ナビゲーションシステムの画面を確認しながら手術をします。これにより、骨をより正確に削ることが可能となり、術前計画通りに人工関節を設置することができます。

navi_img02
整形外科分野においては、人工関節全置換術のほか、脊椎(せきつい)の手術、骨折の手術などでナビゲーションシステムが使われています。



最小侵襲手術(MIS:Minimally Invasive Surgery)

内視鏡や特殊な器械を使用して、なるべく最小組織にダメージを与えずに手術して、患者さんの負担を減らす手術をMIS(最小侵襲手術)といいます。外科手術、脳神経外科手術、整形外科手術などさまざまな手術に応用されています。

mis_img01人工関節置換術のMISは、手術創(しゅじゅつそう)が小さい、回復が早い、痛みが少ないと主張する人もいますが、手 術創が小さいことは、美容的、および心理的に意味があるとされているものの、入院期間短縮や痛みの軽減につながるという科学的データは十分に示されていま せん。また、手術創を小さくすることによる人工関節の設置不良や骨折などの合併症の危険性を高めることが報告されています。MISを追求する上で重要なこ とは、骨折や肺塞栓(はいそくせん)を起こさずに骨を大切にやさしく削り取り、人工関節を正しく設置することです。

この手術をおこなうためには、高い技術力が必要です。そのため、専門のトレーニングを積み、熟練した技術を習得した医師でなければ安全におこなうことができません。 この手術に関する詳しい内容については、医師にご相談ください。

関節軟骨の再生医療

再生医療とは、外傷(けが)や病気などによって、いたんだり、欠けてしまった部分を、切り取ったり人工物などに置き かえずに、回復させる治療法です。いたんだり、欠けてしまった部分に、同じ働きをもつ細胞を植えつけることで、その部分の機能を再生します。心臓や肝臓、 皮膚、血管、骨、軟骨などで研究が進められていて、皮膚や血管、骨、軟骨などでは、実際に治療が行われています。

関節軟骨の再生医療として日本で行われている治療法は、自己軟骨細胞移植(じこなんこつさいぼういしょく)です。主に、膝の関節で行われています。
自己軟骨細胞移植は、患者さん自身の健康な部分の関節軟骨[?]

を 一部取り出して、人工的に培養して細胞を増やし、それをいたんだり欠けてしまった部分に植えつける(移植する)方法です。移植した細胞は、数年かけて正常 な組織に近づいていきます。軟骨細胞を取り出す部位は、腕の関節など体重のかからない部分の関節です。また、患者さん自身の細胞なので、拒絶反応などの心 配はありません。

この治療法の対象となる病気として、外傷によるじん帯・軟骨の損傷や、離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)[?]

変形性膝関節症などがあげられます。関節リウマチなどで体の中の多くの関節軟骨に問題がある場合や、治療を要する部分(いたんだり欠けたりした部分)が広い範囲にわたる場合にはあまり適さないとされています。

手術の準備

入院前の準備

服用している薬について
医師から処方されたもの、自身で購入した市販薬など、すべて医師・看護師に見せましょう。薬によっては、麻酔と一緒に服用してはいけないものや、手術に影響を与えるものがあるからです。

歯科治療について
むし歯や歯周病(歯ぐきの病気)がある場合は、手術の前に治療しておきましょう。口の中の細菌が血液中に入って、人工関節に感染する危険性があるからです。感染をおこすと回復を遅らせる場合があります。ひどい場合は人工関節を取り出さなければならなくなります。

03_img04
かかりつけの医師などに手術のことを伝えておきましょう

手術に向けて体調を整えておきましょう
風邪などひかないようにしましょう。また、筋力の維持につとめましょう。

「手術を受けたあとの自宅での生活」について考えましょう
退院後に生活しやすいように生活様式を見直してみましょう。必要なものは早めに準備しておくと良いでしょう。詳しいことは関節にやさしい生活で紹介しています。

タバコは控えましょう
禁煙するか本数を減らすように心がけてください。手術の危険性を減らし、回復の度合いがより良くなります。

入院時に持っていくものをそろえましょう
医療機関によってちがいがあります。外来で確認しておきましょう。

手術前の準備

手術・麻酔の説明
手術の内容、合併症、術後の経過等について、そして麻酔について医師から説明があります。

03_img05
手術前の検査
手術を安全におこなうために、患者さんの全身の状態を調べます。
医療機関によって、検査の内容や実施する時期(入院前か入院後か)など多少違いがあります。

  • 肺エックス線検査
  • 心電図
  • 血液や尿の検査
  • 呼吸機能の検査 など

03_img06
自己血採血(じこけつさいけつ)
手術中の出血をおぎなうために、輸血をすることがあります。輸血による副作用の危険性を減らすために、手術前に患者さん自身の血液(自己血)を採血しておき、手術中や手術後に輸血する方法があります。これを自己血輸血(じこけつゆけつ)といいます。
採血する量は患者さんの状態によって異なります。貧血症状がひどい場合は、採血ができないこともあります。また、入院前に採血をする場合と入院後に採血する場合があります。

下肢運動/車椅子の練習
手術後のリハビリテーションを円滑にするために、術前から下肢の運動をおこなう場合があります。また、車椅子への乗り方や操作、杖の練習をすることもあります。

手術にともなう諸問題について

他の手術と同様、人工関節置換術にともなう一般的な問題には、次のようなものがあります。

社会福祉

人工関節置換術を受ける患者さんは、医療福祉の対象となる場合があります。相談窓口は、住所のある市区町村の保健福祉課や福祉事務所で、患者さん本人またはその家族のみが申請をおこなうことができます。
医療費の詳しい説明についてはこちら

03_img07
身体障害者の認定
関節リウマチ、変形性関節症、大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)などで下肢の不自由が生じた場合には、身体障害者の認定申請の対象となりま す。認定を受けると、身体障害者手帳を交付され、医療費の一部負担金が助成されます。申請には、指定医師による診断書が必要となります。

自立支援医療
自立支援医療とは、原因となる病気が治ったあとに残された機能障害に対して、日常生活をいとなむ上でより便利に生活できるように、障害を軽くしたり回復する手術をおこなうなど、身体障害者が更生するために必要な医療をいいます。
人工関節置換術も自立支援医療の対象となりますが、給付を受けるためには、まず、身体障害者認定が必要となります。自立支援医療の申請にも指定医師による診断書が必要です。
給付の対象となる医療費は、本人またはその扶養義務者の負担能力に応じて決められます。

※ 身体障害者認定基準の一部改正について
平成26年4月1日より身体障害者認定基準が変わります。
人工骨頭又は人工関節については、人工骨頭又は人工関節置換術後の経過が安定した時点の機能障害の程度により判定されることになります。
人工股関節置換術・人工膝関節置換術を受けられたかたは、4級、5級、7級、非該当のいずれかに認定されます。
なお、平成26年3月末までに診断書・意見書が作成された場合は、6月末までに申請を行えば従来通り(4級)の認定を受けることができます。

詳しくは住所のある市区町村の窓口ご確認ください。

03_img08
バリアフリー住宅改造の助成
住宅改造については、介護保険によって要介護認定が受けられると助成金がおります(但し、詳細については自治体によって異なります)。また、身体障害者に対する助成制度もあります。
助成制度については、自治体によって基準が異なるので、地域の保健福祉課または福祉事務所にご相談ください。

その他
補装具給付などの支給の対象になる場合があります。地域の保健福祉課または福祉事務所にご相談ください。

質問コーナー

 

この情報サイトの内容は、整形外科専門医の監修を受けておりますが、患者さんの状態は個人により異なります。
詳しくは、医療機関で受診して、主治医にご相談下さい。